BPM100で、CPR100%へ。

#BPM100 DANCE PROJECTは、
CPR(心肺蘇生)の認知度100%を
目指すプロジェクトです。
100回/分*が目安と言われる胸骨圧迫。
そんな命を救うことができる
アクションとリズムを、
ダンスの力で広げていきます。
みんなで楽しく踊って記憶が、
いつか誰かの命を救う。
そんな未来が訪れるために、
私たちは活動しています。

*胸骨圧迫は1分あたり100~120回のテンポで続けてください。


POINT!

cpr

声をかけたり、肩を叩いて、 意識を確認しよう。

cpr

誰かに協力を求めて 119番通報とAEDを手配。

cpr

胸部と腹部の動きを見せ 呼吸をCHECK!

cpr

手の付け根が重なるように、 しっかりと左右の手を組んで

cpr

肘をしっかりと伸ばしたままBPM100のリズムに合わせてPUSH!PUSH!PUSH!

HOW TO CPR

もちろん、リズムだけでは
命は救えません。ダンスをきっかけに
少しでも興味が出たら、
心肺蘇生の手順を学んでみませんか?

心停止に対して、救命処置を
した場合としなかった場合では、
1ヶ月後の生存率に2倍程度の
差がでると言われています。
心肺蘇生を知っている。
それだけで、もしもの時に
行動する勇気につながります。



監修:日本赤十字社

※この動画は心肺蘇生の流れを簡潔にまとめたものです。
心肺蘇生・AEDに関するより具体的な手順は以下のリンクより、
日本赤十字社のサイトをご覧ください。

PROJECT TEAM

このプロジェクトに関するお問い合わせはこちら info@bpm100dance.com

MESSAGE

cpr

パフォーマンスアンバサダー

EXILE ÜSA

僕は、ダンスは世界中の人をつなげることが
できると確信しています。
僕らの体にも流れるこのビートが、
ダンスとともに広がって、
心肺蘇生を知るきっかけになる。
そして、いつか命を救う。
そんな未来につながることを
願っています。